ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士日記

麻雀プロなりましてまだまだ特訓中!日常のことから大会レポまでいろいろ書いていきますのでぜひお読みください( ̄▽ ̄)

【夢を叶える麻雀ノート】麻雀戦術本レビュー

はい!

 

ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士です!

 

 

 

今回は最高位戦日本プロ麻雀協会の先輩、 

B2リーグ所属、神尾亮プロ著作で

Mリーガーでもある朝倉康心プロ監修の

 

夢を叶える麻雀ノート

f:id:negihsoy999:20200417133031j:image

 

を読んでの感想です!(・∀・)

 

 


夢をかなえる麻雀ノート (近代麻雀戦術シリーズ)

 

 

 

早速ですがまず感じたこととしては、

 

 

 

 

「ものすごく読みやすい」

ということです(・∀・)

 

 

 

だから読みやすい!

というだけではなく。。。

 

 

 

構成がとてもわかりやすい!!

です(・∀・)

 

 

 

 

夢を叶える麻雀ノートの構成は、

 

 

①神尾プロが実践で出会った場面(質問形式)

 

②神尾プロ自身のそのときの思考と実際の行動

 

③対局後の神尾プロ自身の振り返りノート

 

④これらに対する朝倉康心プロのアドバイス

 

 

の繰り返しとなっていて、

ページ数や写真の位置なども

すべて同じ構成となっています。

 

 

①質問形式

こんなときどうしますか?

と質問形式でその場面の概要が示され、

 

 

②対局中

実際にその場面で神尾プロがどう考えたのかが

赤裸々に綴られているので共感などがしやすく、

 

 

③振り返り

振り返りノートによってその局面のポイントなどを

改めて考え直すことで結論や疑問点が出る。

 

 

ここまでの内容だけでも、

麻雀における1つ1つの選択の難しさや、

プロや他の人が1打1打にどんなことを考えながら

麻雀に取り組んでいるかがほんの少し見えるので、

かなり読み応えはあります。

 

 

そこにさらに

④朝倉康心プロからのアドバイス

があることで、また違った視点を得られます。

というかあとがきにもありましたが

目から鱗、納得させられることばかりです。

 

 

 

そんな盛りだくさんの夢を叶える麻雀ノート

を読んだ中で色々と学べたことがありましたが、

 

その中でもなるほど〜と思ったことを5つ!

ピックアップして紹介したいと思います!

 

 

 

①ションパイと地獄待ちの比較

  

その場面はオーラスで七対子ドラドラのテンパイ。

自身はラス目で下家はトイトイ気配。

 

あがれば3着、

倍満ツモか下家へ12000直撃で2着。

 

見た目枚数でションパイの一萬待ちリーチとしたが、

たった今切られた地獄待ちの北にすることもできた。

そして北は下家が持っていることも想定できた。

 

この場合、どっちでリーチをすると良かったのか?

振り返りでは北の地獄待ちが良かったとしているが…?

 

 

 

これに対する結論もですが、なるほどと感じたのは

朝倉康心プロのアドバイスより。

 

「場に2枚切られている地獄待ちは

    競技麻雀においては意外にアガりやすい。」

 

ということ。

 

 

Mリーグルールや最高位戦ルールなど、

多様なルールで麻雀に取り組んでいますが

 

確かに自分も競技麻雀では安全意識が上がるなぁ、

単騎にしか当たらない字牌を抱えたりするなぁ、

 

でも地獄待ちリーチはできないときもあるなぁと

かなり共感した内容でした。

 

 

 

 

②いつでもドラ単騎リーチはしていいものか?

 

これに関しては、結論というよりも

思考の引き出しを増やすような内容でしたが

なるほどと思ったのは

 

悩んでリーチをすると押される可能性が上がると思うので、打つなら村上淳プロのように元気よく

 

という一文です。

 

 

悩んでリーチをしてしまうのはよくあるなぁーと

それでいらない情報を与えないように

いつも一定の発声、テンションでいたいですね。。。

 

 

 

 

③親のタンピンドラドラはリーチ?

 

今回の状況としては、

6万点超えのトップ目、南3局7巡目。

 

今回はダマにしたことで他家にあがられた。

結果論かもしれないが、リーチしていれば

他家の手を止めれて、ツモ6000オールもあり得た。

堂々とリーチするべきなのか否か……

 

 

これに対しては、当たり前のことかもしれませんが

ダマテンの方がアガリ率は高い!

ということを再確認しました。

 

 

私はけっこうなんでもリーチと言いたいのですが

ダマ8000、ダマ12000になってくると

けっこうダマに構えたりしがちなんですね。

 

これが正しいかどうかは

ルールにもよりますし状況にもよりますしで

まだまだまだまだ自分の中でも考えますが

 

ダマテンのほうがアガリ率は高い!

ということは正しいですね。

 

しっかりその場その場での判断を繰り返し、

なんでもかんでも思考放棄リーチ!とは

しないようにしたいですね。。。

 

 

 

 

④親番高め平和三色ドラ1はリーチ?

 

今回は東1局親番。

6巡目に高め三色の平和ドラ1をテンパイ。

 

ダマにすれば高め安めで12000か2900か。

高めの牌は出やすいかどうかもありますが…?

 

 

ここでなるほどというか納得したのは

 

「安めをツモってしまったら吐きそうになる手の時は

    迷わずリーチしておきましょう。」

 

という一文でした。

 

これはホントにそうだなと思いました。

私はだいたいリーチするのであまり出会わないですが

だいたいリーチでいいか!と自信を得ました笑

 

 

 

 

⑤親で後手の役なしドラなしリーチする?

 

これに関しては

是非手にとって読んで頂きたいです!!!

 

きっとなるほどな〜と思えますよ!!

 

 

 

ということで

夢を叶える麻雀ノート

f:id:negihsoy999:20200417133031j:image

 

の感想でした( ´ ▽ ` )

 

 

コロナによる自粛期間中、

勉強の時間も取りやすくなってると思いますので

オススメの一冊ですよ〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 是非手に取ってみてください!


夢をかなえる麻雀ノート (近代麻雀戦術シリーズ)

 

ではでは〜〜