ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士日記

麻雀プロなりましてまだまだ特訓中!日常のことから大会レポまでいろいろ書いていきますのでぜひお読みください( ̄▽ ̄)

あわや四暗刻!?ロボ小林が勝利をインストール!【10/21 Mリーグ観戦記13-1】

 はい!

ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士です。

 

今回はMリーグ開幕から13日目、

その1戦目の観戦記です^_^

 

早速ですが対戦カードはこちら!

f:id:negihsoy999:20191023120255j:image

 

 

昨年の覇者、赤坂ドリブンズより村上選手は

験担ぎもあってか旧ユニフォームでの登場。

 

渋谷ABEMAS松本選手はチームが3連勝中。

自身も初勝利を飾ってチーム4連勝といきたい。

 

TEAM雷電、U-NEXTパイレーツからはそれぞれ

黒沢選手、小林選手。因縁めいたものを感じるが…笑

 

 

さぁ!

楽しんで見ていきましょ〜

 

(敬称略)

実況 小林未沙

解説 滝沢和典

 

 

起家  赤坂ドリブンズ

村上淳

f:id:negihsoy999:20191023120728j:image

 

 

南家 TEAM雷電

黒沢咲
f:id:negihsoy999:20191023120735j:image

 

 

西家 U-NEXTパイレーツ

小林剛
f:id:negihsoy999:20191023120731j:image

 

 

北家 渋谷ABEMAS

松本吉弘
f:id:negihsoy999:20191023120738j:image

 

 

 

まず試合が動いたのは東1局。ドラが中。

親番村上が白、中のシャンポン待ちで先制リーチ。

 

これに一発で飛び込んだのが松本。

白を置いておき、中を引いてきて万事休すか。

白が松本から放たれ、裏ものって18000の放銃。

f:id:negihsoy999:20191023143902j:image
f:id:negihsoy999:20191023143859j:image

 

松本にはかなり厳しい18000。

しかしまだ東1局。松本は北家。まだこれからだ。

 

 

 

東1局2本場は小林が鳴き仕掛け。

そこにまた親番村上がリーチをかける。

ドラ待ちのペン三。

f:id:negihsoy999:20191023143922j:image

 

これを小林が固めて持っている。

そして小林が鳴き仕掛けでのツモあがり。

タンヤオドラ3、マンガンツモで追いかける。

f:id:negihsoy999:20191023143930j:image

 

 

続いて東2局は黒沢の親番。

気持ちいいぐらいのツモで手牌を高める。

残した東が重なって混一色の一向聴。

 

そしてすぐさまテンパイ、即リーチ。

北、東のシャンポン待ち。

 

 

と、この巡目でなんと全員がテンパイに!

 

南家の小林が69待ちでリーチ、

西家の松本が8五のシャンポンでダマ、

北家の村上が二五待ちでダマ。

 

さらに松本がリャンメンに変化してリーチ!

f:id:negihsoy999:20191023144038j:image

 

3人リーチ、これを制したのは船長小林!!

因縁の?黒沢からのロンあがりでトップ目に٩( 'ω' )و

f:id:negihsoy999:20191023144056j:image
f:id:negihsoy999:20191023144059j:image
f:id:negihsoy999:20191023144102j:image

 

 

さらに東3局でも小林が黒沢からのロンあがり。

50000点超えの大きなトップ目に立つロボ小林。

どんどん副露率、あがり率を高めていくᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

 

 

東3局一本場は黒沢が平和赤のダマテン。

点数的にも打点が欲しいセレブはさらに上を見ているか。

高くなる手替わりはタンヤオへの6、ドラの⑨。

 

これがまっすぐ進む松本からこぼれてロン。

2000は2300のあがりとなりました。

 

 

 

さぁここまで18000放銃から失点が続く、

苦しい展開の松本が親番。東4局。

 

1巡目から早々に北家小林が仕掛けていく。

中ポン、索子のチーで2副露してこの手格好。

滝沢「配牌みたいですね」

 

f:id:negihsoy999:20191023145852p:image

f:id:negihsoy999:20191023145857p:image

 

しかしこれをしっかりとテンパイまで進め、

700.1300、鮮やかに小林のツモあがり。

周りは索子が打ちづらく回り道せざるをえなかった、

小林の見事な鳴き仕掛けとあがりでした。

f:id:negihsoy999:20191023145930p:image

 

 

さてかなり縦長になっての南入。

早々に黒沢がカン二でリーチをかけツモあがる。

 

が、この裏で苦渋の選択を迫られていたのは松本でした。

この四暗刻のイーシャンテン。

山にあるだろう9が比較的安全牌。

切りたい④、二、6は全て危険牌。

f:id:negihsoy999:20191023150004p:image
f:id:negihsoy999:20191023150009p:image
f:id:negihsoy999:20191023150019p:image

 

松本が選んだのは安全度での9。

そして無情にも次巡のツモも9……!!

四暗刻のテンパイを逃した松本はがっくりと肩を落とす。

f:id:negihsoy999:20191023150056p:image
f:id:negihsoy999:20191023150052p:image
f:id:negihsoy999:20191023150047p:image


このすぐあとに黒沢がツモあがりだったので、

四暗刻が成就することはありませんでしたが、

攻め切れなかった松本の心中は穏やかではないでしょう。

 

 

 

そして次局、その四暗刻をテンパイしたのが村上!

7暗カン、東と8のツモ四暗刻テンパイ…!

これが山2ではあるが……他者に流れ東は王牌。

1人テンパイで流局となりました。

f:id:negihsoy999:20191023150147j:image
f:id:negihsoy999:20191023150151j:image
f:id:negihsoy999:20191023150155j:image

 

 

 

そろそろ終盤、南3局はトップ目小林の親番。

赤⑤を引き入れイーペーコーができたと思えば、

対子がさらに出来て七対子のテンパイ!

 

東待ちでリーチ、これを果敢に攻める黒沢が放銃。

9600のあがりで6万点超えて最高スコアも視野に入る。

f:id:negihsoy999:20191023150204j:image
f:id:negihsoy999:20191023150206j:image

 

 

 

東3局一本場、

3着争いの松本、黒沢のリーチ合戦。

①④待ちの松本と②⑤待ちの黒沢。

 

これを制したのは黒沢。

対してまた大きく肩を落とす松本。

ドラ②での放銃となってしまいました。

 

 

 

オーラス、なんとしてもあがり続けたい松本の親番。

ここまであがり無し、失点続きの松本。

一つ一つ祈るように牌に手を伸ばしていく。

 

 

松本、両面両面のイーシャンテンにとる。

…が、最後のツモはあまりにも無情な不要牌。

チーテンもとれず、捨て牌を見てもテンパイできず。

何もできなかった。

 

 

松本、牌を伏せてゲームセット。

f:id:negihsoy999:20191023150332j:image

 

 

 

結果としては小林の大トップ!!!

プラス84.1と、個人最高スコアで

大きく稼いだ小林選手のインタビューは

ほんとにロボ小林選手らしい受け答えで

多様な鳴きの説明もたくさんありの

聞き応えのある楽しい時間でした!

 

 

おめでとうございます!╰(*´︶`*)╯

f:id:negihsoy999:20191023150346j:image

 

 

 

 

 この日の二戦目です。

 

 

www.wwwnegihsoy.work

 j

 

 今回トップの小林選手の紹介です。

www.wwwnegihsoy.work

 

 今更ながら自己紹介です。

www.wwwnegihsoy.work

 

 

ではでは〜〜