ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士日記

麻雀プロなりましてまだまだ特訓中!日常のことから大会レポまでいろいろ書いていきますのでぜひお読みください( ̄▽ ̄)

日向選手の最終打牌5について【10/8 Mリーグ2戦目】

はい!

ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士です!

 

今回はMリーグ記事ではありますが

いつもの観戦記とは異なり、題名にも書きましたが

 

「10/8Mリーグ6日目の2戦目、

    日向選手の最終打牌5は差し込みなのか」

 

についてのみ、考察したいと思います(・∀・)

 

 

問題の場面はこちら。

南4局、1本場、茅森が2つ鳴きをいれたところ。

f:id:negihsoy999:20191009082651p:image

ここから日向5を切って茅森へ放銃となりました。

この一打についての考察となります。

 

 

まずは昨日の対局終了後の

渋谷ABEMAS松本選手のこのツイート。

f:id:negihsoy999:20191009082535j:image

差し込みであると明言されていますね。

 

まず点数状況を整理しますと、

 

(敬称略)

    茅森  36000

    日向  24100

    園田  21300

瀬戸熊  18600

f:id:negihsoy999:20191009083227p:image

 

となっており、2着の日向は3着の園田と2800点差。

日向が2着をキープすると考えた時に

子の茅森へ放銃できるのは、1本場なので

2000点は2300点まで。2600点は2900点になってダメ。

 

 

逆に言えば、日向が2着をキープするために

茅森への2000点までの差し込みができる。

 

 

で、茅森が中ポン、④チーでテンパイを入れる。

 

中ポンして

f:id:negihsoy999:20191009083410p:image


f:id:negihsoy999:20191009083424p:image

 

③④④⑤から④をチー。
f:id:negihsoy999:20191009083415p:image


f:id:negihsoy999:20191009083419p:image

 

 

その直後が先ほどの日向の手牌となります。

f:id:negihsoy999:20191009082651p:image

 

捨て牌などは以下の通り。

ドラは2、日向が四を持ってきたところ。

f:id:negihsoy999:20191009084852j:image

 

 

さて、話はそれますが

最高位戦同期のこのブログにもたまにでてくる

糸目雀士がアマの頃から茅森選手と日向選手が

推しプロでして笑

 

この対局直後、珍しくハイテンションで

ラインをくれたんです。

 

f:id:negihsoy999:20191009085245j:image
f:id:negihsoy999:20191009085247j:image
f:id:negihsoy999:20191009085251j:image

 

いやハイテンションやな笑笑

すでにこのラインで考察は終わってるんですけども笑笑

 

 

さて、日向は茅森へ2000点の放銃が許されるとして。

でもあがりには向かうとして。

この手牌から何を切るか。

 

f:id:negihsoy999:20191009082651p:image

 

f:id:negihsoy999:20191009084852j:image

 

このとき、茅森の手で確定している情報は

・中の1飜

・③④⑤の鳴きメンツ

・鳴き方で透けた④④ヘッド

・捨て牌にドラの2

・日向の手に赤⑤

というところです。

 

 

現実的にこの手が2000点より高いケースは

・ピンズの混一色

・ドラの2を含むメンツと赤五もしくは赤5がある

・ドラ1つと端牌の暗刻がありテンパネ2600

・役牌北の暗刻がありテンパネ2600

のいずれかです。

 

 

他に2000点より高い手で考えられることとしては

・2のヘッドまたは赤を含むヘッドと②③④三色

 

もありますが、2がすでに捨てられていることと

④ヘッド(対子)があるので三色で高くなる手は

おそらくほぼありえないのではと思います。

 

 

要は、見えている1飜以外に手の中に2飜あるか、

見えている1飜以外に1飜と端牌暗刻でテンパネするかです。

 

 

では、日向の手をもう一度見てみると

f:id:negihsoy999:20191009082651p:image

 

テンパイを目指して打てる候補は

③、⑤、四、六、3、5と

たくさんあるカンチャンターツでしょうか。

 

で、③と赤⑤は茅森に対しては

ピンズの混一色があれば3900以上なのでダメ。

 

赤⑤は打った時点で2000が確定するので、

混一色でなくても茅森に2か赤があればダメ。

 

 

次に四は混一色ではなくなるが、

赤かドラの2が二枚以上あればダメ。

 

また、カンチャンターツを比較すると

カン④はすでに茅森の手に三枚あるのできつい。

カン4も場に二枚切れ、かなりきつい。

カン五はまだ見た目には4枚残っている。

 

なのでテンパイを目指すとしたら、

同じカンチャンターツなら四六は残したい。

六は現物だが、これを切るともうあがりはかなり遠い。

(すでに遠いかもだが)

 

 

ということで3か5か。

f:id:negihsoy999:20191009084852j:image

 

茅森の手はおそらく

 

x x y y y ④④   チー④⑤⑥  ポン中中中

 

3でロンされてダメなケースは

・2を使っている3待ち xx と赤5を含むメンツyyy

・2を使っている3待ち xx と赤五を含むメンツyyy

・2を使っている3待ち xx と端牌暗刻のyyy

・北暗刻yyyと3待ち xx

 

と、可能性は薄いながらも3は2のそばなので

2を持っている形にあたるケースが考えられ、

2と赤さえあれば、または2と端牌暗刻さえあれば

2600、3900が考えられます。

 

 

5でロンされて2600以上のダメなケースは、

・2を含むメンツyyyと赤5含むシャンポンxx④④

・赤五含むメンツyyyと赤5含むシャンポンxx④④

・北暗刻yyyと5待ちxx

 

しかないです。

r55567④④など、仮に赤5を持っていても

さらにドラの2か赤五がないと2000点止まり。

 

また、早くあがって終わらすであろう

トップ目の茅森が役牌を鳴いていて、かつ、

4がすでに切られ、2はツモ切りでしたので

2がまだ手の内にメンツであるケースは

 

・1234、2344から4をメンツ固定で打った

・2の槓子になったから2をツモ切りした

 

ぐらいでしょうか。

であったとしても、早くあがりたい茅森が

4より後で白や西を切るケースがわからないです。

安全牌を持った、とすれば単純ですが。。。

 

 

 

ということで、

諦めながら回していき、あわよくばテンパイ、

あがりを目指すとするならば35を切る。

 

そして5の方が2000点以下の放銃になるケースが多い、

以上から5切りの選択になったのではと推測します。

 

f:id:negihsoy999:20191009082651p:image


f:id:negihsoy999:20191009094243p:image


f:id:negihsoy999:20191009094252p:image


f:id:negihsoy999:20191009094257p:image


f:id:negihsoy999:20191009094248p:image

 

 

で、結果は1000は1300の差し込みとなり、

日向は見事2着をキープすることに成功しました。

 

 

はふー。

 

糸目雀士も言ってたけど

これを瞬時に考えてたかはわかりませんが

そういうレベルの戦いだということですね。

 

考えさせられる一打をありがとうございました。

 

再掲笑笑

f:id:negihsoy999:20191009082535j:image