ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士日記

麻雀プロなりましてまだまだ特訓中!日常のことから大会レポまでいろいろ書いていきますのでぜひお読みください( ̄▽ ̄)

意外と簡単!麻雀初心者講座その3:牌効率の基本~最短で勝つために~

はい!
ちょっぴりぽっちゃり若ハゲプロ雀士です(/・ω・)/

 

f:id:negihsoy999:20190915104840j:plain


今回は超初心者講座!ということで
麻雀ってなに?
どうやったらできるの?
にお答えするような内容です!


その中でも本記事はその3!
「最短のあがりを目指す①」です!(/・ω・)/

 

最短であがるための手順とは?ですね。

一言ではよく「牌効率」と言われます。

 

麻雀というゲームはもうご存じのように

1つ牌をもってきて1つ要らない牌を捨てる

ことを繰り返すのですが、

「何が要らないのかがわからない」

「何を捨てればいいのかわからない」

という状態によくなります。

 

本記事は初心者講座ですので、

ホンイツとかチンイツとか言われる

一色手のことを説明する気はありません。

(手牌14枚が全部マンズ、という状態とか。)

 

もっともっと簡単な内容です(/・ω・)/

流れとしては、

 

①2枚の形の受け入れを考える

②1枚の牌の受け入れを考える

③全体を見て捨てる牌を決める

となっています!

 

ではでは見ていきましょ~

 

☆目次☆

 

 

2枚の形の受け入れを考える

33332、の「3の形」を作るために、

「3の形」のひとつ前の状態を考えます

(これをターツと表現することもあります。)

そして、「3の形」のひとつ前の状態から

「3の形」になるために必要な牌を

「受け入れ」「待ち」と呼ぶことにします。

 

3つが同じ牌の形(刻子)を作る

まず簡単なのは全部同じ形(刻子)の場合。

直前の状態は下の図の形です。

f:id:negihsoy999:20190915204715j:image

一(イーマン)が3つになるためには、

その前にまず一が2つ必要ですね。

この「2つの同じ牌の形」を

「対子(トイツ)」と言います。

 

そして、3つになるためには

残り2枚の一を引いてくる必要があります。

 

なので、この「3つが同じ形(刻子)」

になる受け入れは2枚となります。

(すでに手の中に集めたい牌が2枚あるため)

 

 

☆対子(2枚同じ形)の受け入れ(待ち)は2枚

 

 

3つが順番の牌の形(順子)を作る

例えば、「一二三」の直前の形を考えます。

「三」が足りない「一二」の形と、

「二」が足りない「一三」の形と、

「一」が足りない「二三」の形です。

f:id:negihsoy999:20190915204831j:image

 

それぞれ比べてみましょう!

 

片端がほしい「ペンチャン待ち」

f:id:negihsoy999:20190915204851j:image

「三」が足りない「一二」の形ですね。

この場合、ほしいのは「三」なので

まだ4枚残ってるはずですね。

 

☆ペンチャンの受け入れ(待ち)は4枚

 

間が足りない「カンチャン待ち」

f:id:negihsoy999:20190915204931j:image

「二」が足りない「一三」の形ですね。

この場合、ほしいのは「二」なので

まだ4枚残ってるはずですね。

 

☆カンチャンの受け入れ(待ち)は4枚

 

両端がほしい「リャンメン待ち」

f:id:negihsoy999:20190915204947j:image

「一」が足りない「二三」の形ですね。

この場合、「一二三」にするためなら

ほしいのは「一」の4枚なのですが

もし「四」が来てくれたとしても

「二三四」の3つ順番が完成しますね。

f:id:negihsoy999:20190915205014j:image

 

これが、両端の待ち、両面の待ち、

「リャンメン待ち」と言われる形です。

 

☆リャンメンの受け入れ(待ち)は8枚

 

受け入れ枚数の比較

ここまでをまとめると、

 ☆対子(2枚同じ牌)の受け入れは2枚

 ☆ペンチャン(辺張)の受け入れは4枚

 ☆カンチャン(嵌張)の受け入れは4枚

 ☆リャンメン(両面)の受け入れは8枚

なので、2枚の状態(ターツ)の

受け入れの枚数としては

両面8>嵌張4=辺張4>対子2

となります。

 

また、例えば

「一三」のカンチャンターツ(受け入れ4)は、

もしここに「四」を持ってきますと

「三四」のリャンメンターツ(8)になります。

 

「一二」のペンチャンターツ(4)は

もしここに「四」をもってきても

「二四」のカンチャンターツ(4)になるので

受け入れの枚数は変わらないですね。

 

なのでターツの強さとしては、

リャンメンへ変化しにくいペンチャンよりも、

リャンメンへの変化があるカンチャンが上です。

 

よって、形(ターツ)としての強さは

両面 > 嵌張 > 辺張 > 対子

となります。

 

2枚の形としては両面が最強です。

 

なので両面ターツは大事にしておきましょう!

 

 

1枚の牌の受け入れを考える

 1枚の牌の比較は、ここでは

「ターツへのなりやすさ」を数値化します

 

数値化のルールは、もう1枚引いたときに

・対子になる ⇒ 受け入れ2枚 ⇒ 2

・辺張になる ⇒ 受け入れ4枚 ⇒ 4

・嵌張になる ⇒ 受け入れ4枚、両面になりやすい ⇒ 6

・両面になる ⇒ 受け入れ8枚 ⇒ 8

として考えます(/・ω・)/

 

先ほどの項で出てきました

両面 > 嵌張 > 辺張 > 対子

の序列をそのまま強さ2の差としています。

 

字牌の受け入れ

 例えば「東」は「東」を引いた場合のみ、

対子(受け入れ2)になります。

f:id:negihsoy999:20190915205154j:image

字牌は順子(3つ順番)を作れないので、

これだけで終わりですね。

 

牌の受け入れの強さ = 2

※今回は受け入れ枚数だけで比べているので、

 役牌だからとか安全牌だからとかは

 完全に除外して考えています。。。

 

1・9牌の受け入れ

例えば「一」は

「一」が来ると対子(2)になり、

「二」が来ると辺張(4)になり、

「三」が来ると嵌張(6)になります。

f:id:negihsoy999:20190915205231j:image

なので、1・9牌の受け入れは

 

1・9牌の受け入れの強さ = 12

となります。

 

2・8牌の受け入れ

例えば「二」は

「一」を引くと辺張(4)になり、

「二」を引くと対子(2)になり、

「三」を引くと両面(8)になり、

「四」を引くと嵌張(6)になります。

f:id:negihsoy999:20190915205249j:image

なので、2・8牌の受け入れは

 

2・8牌の受け入れの強さ = 20

となります。

 

3~7牌の受け入れ

例えば「三」は

「一」を引くと嵌張(6)になり、

「二」を引くと両面(8)になり、

「三」を引くと対子(2)になり、

「四」を引くと両面(8)になり、

「五」を引くと嵌張(6)になります。

f:id:negihsoy999:20190915205312j:image

なので、3~7牌の受け入れは

 

3~7牌の受け入れの強さ = 30

となります。

 

受け入れ枚数の比較

ここまでをまとめると、

 ☆字牌の強さは2

 ☆1・9牌の強さは12

 ☆2・8牌の強さは20

 ☆3~7牌の強さは30

となっています(少々極端ですが)。

 

ということで、1枚での強さは

 

3~7 > 2・8 > 1・9 > 字牌

 

となります(/・ω・)/

 

 

全体を見て捨てる牌を決める

さて最後に、

「結局何を捨てればいいか」です。

 

1枚の牌の強さ、使いやすさとしては

3~7 > 2・8 > 1・9 > 字牌

 

2枚の牌の強さ、使いやすさとしては

両面 > 嵌張 > 辺張 > 対子(※1)

 

これらを基本として、

手牌14枚(※2)を比較して、

要らないものを考えます。

 

※1)最後に目指す形が

「33332」の形なので

「対子は最後に必ず1つ必要」です。

(3333の形を作って最後に単騎で待つ、

 というのもありですね)

 

※2)13枚で考えたとしても、

どうせすぐ1枚引いて14枚になるので、

「とりあえずツモってから考える」

ことはこの先すごく大事になります。

ツモの前に悩んでると怒られるかもですが、

ツモった後に悩むのは誰しもありますので。

 

では実際の牌を使って、

なにを切っていけばいいか考えてみます。

 

※今からするのは1人での麻雀練習です。

 どんどんツモっていって、自分が思う

 最速の手順を追い求めます。

 

※役については考慮しません。

 あくまで初心者の方に向けての

 「とりあえず何を切るか」の参考動画です。

 

※1発取りの全てアドリブですので

 細かいところまで見ないでくださいね笑

 

 1回目(説明込みおよそ5分)

※⑦⑧の両面を固定したのは、

 ・両面には8枚の受けがあり形としては十分 。

 ・⑦⑧より68のほうが不安なので8を残し、

  688としてこの部分の受け入れを広げた

 という考えです。全体の受入枚数は変わりませんが

 「両面は形として強い」のです。

 

2回目(およそ2分半)

※あがりの形として「33332」

 「2222222」 の形、2が七個の

 「七対子(チートイツ)」というものがあります。

 これについてはまたどこかで記述します。

 

3回目(およそ2分)

 ※「一気通貫(イッキツウカン)は

 同じ色で1~9を揃える、強さ2の役です。

※失敗することを「へくる」と表現してしまいました。

 真ん中の牌はほんとうに引っ付きやすいです。

 

4回目(およそ2分)

 ※途中のソーズが少しややこしそうですが

 345 666 78 と分けると

 69がきたら嬉しい!となりますね。

 

5回目(およそ3分半)

※途中で話したこととして、

 6つのまとまりは多い、

 5つのブロックがあればいい。

 だから弱いブロック⑦⑨を払う。

 これは「5ブロック理論」という考え方です。

 またどこかで記述します。 

 

 136枚の牌をフルに使った

1人麻雀での練習でした(/・ω・)/

 

 

まとめ

はい!
これで本記事の内容は終了です!

 

まとめますと、

〇2枚の形(ターツ)の強さは
 両面 > 嵌張 > 辺張 > 対子


〇1枚の牌の強さは

 3~7>2・8>1・9>字牌


〇とりあえずツモってから考える

 

〇悩んだら字牌や端から切る

 

です!(/・ω・)/

 

 

 次の記事です!

www.wwwnegihsoy.work

 

ほんとはもっともっと細かいことや

考えることはいっぱいあります。

また、相手に振り込まない、

ロンと言われないことであったり

役、手としての強さを目指すならば

今回の内容だけでは全く足りません。

 
もしご希望でしたら

私をお誘いいただければ

一緒に麻雀しますよ!(/・ω・)/

教えますよ!(/・ω・)/

 

 

 次の内容です(°▽°)

www.wwwnegihsoy.work

 

 

 

今更ですが自己紹介です!

www.wwwnegihsoy.work

 

 

初心者講座の一覧です(・∀・)

www.wwwnegihsoy.work

 

 

これじゃ物足りない!という

少しでも麻雀を知っている人や

もっと勉強したい!という人向けには

プロテスト対策記事がありますので

ぜひそちらをどうぞ!

www.wwwnegihsoy.work

 いろんな記事を準備してます!

たくさん勉強しましょう~~(*'▽')

 

※ぽっちゃりの励みになります!

 ぜひ!押してください!(/・ω・)/

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村